開業祝いで


友人や親せきが新事業を立ち上げることになった場合、開業祝いを包まないといけないこともあるでしょう。お花をはじめとしたギフトを贈る人も多いですが、開業するにあたっていろいろと初期費用が必要になります。そのため、物品よりも金封のほうが喜ばれる傾向があります。知り合いのほかにも、会社の取引先が新規事業を立ち上げた際に開業祝いを贈ることもあるかもしれません。

開業祝いをするにあたって、どの程度包めばいいのかで迷う人もいるでしょう。開業祝いの相場を見てみると、親せきなどの身内に渡す場合、2~5万円といったところです。知人や友人の場合1~3万円、取引先に出すのであれば1~5万円が相場となります。いずれにせよ、それなりの額を負担しなければならず、手持ちが足りない、開業祝いを出したため、給料日までの生活費のやりくりが難しくなったというケースも出てくるでしょう。

そこで活用したいのが、キャッシングです。キャッシングは利息を日割りで計算しているので、短期間で返済できればあまり利息負担も大きくなりません。付き合いを大切にしたければ、キャッシングで借り入れをして開業祝いを包むのも一つです。いざという時にお祝い金を出せないという時には、キャッシングの利用を視野に入れておきましょう。